ポケモンを考える。 書けていなかった理論をちょっと整理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書けていなかった理論をちょっと整理

airさんからコメントをいただいて、
第一回では書いていなかった
サイクル理論
攻めの役割理論
について書きたいと思います。

・サイクル理論

これは、ダメージレースのときに話があった
相手の交換を相手のポケモンを瀕死にすることによって
自分の決定力を発動できるようにするという理論だと思われます。

あとは、ダメージレース理論へ進みます。


・攻めの役割理論
これは、「潰し」「流し」「誤魔化し」によって成り立つ役割理論で、
役割理論という概念そのままで時代に対応しようとした最先端の役割理論
というような感じです。

役割理論でありながらも、ポケモン一体一体を消耗していくという考え方のようです。

恥ずかしながら、これには以前に
ダメージレース論のときに問題提起した、
自身へのダメージを考慮していない
ということでの答え、

つまり、味方の負荷<相手の負荷
となれば勝ちという概念も含まれるようです。




書いて思いましたが、
他の理論といってることがほとんど同じです。


まとめるときに苦労しなさそうで良かったです。


今書きたいこと。

能動的・受動的なダメージの決定
絶対的・相対的な強さの調整
決定力の再定義


絶対的、相対的というのは紫電さんが似たようなことを言ってる気もしなくはないですが、
ちょっと違うところもあるので書きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミナ:)

Author:ミナ:)
ポケモン大好きです!
とくに6on6の対戦大好きです。

それと、机上論大好きです。
実際は強くないんですが。。。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。