ポケモンを考える。 ちょっとした問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした問題

定期考査前なので、軽めの記事を。




問題です。
AとBのどちらが有利でしょう?


A場:リザードン@ヤタピの実
おくびょう H6 C252 S252
「かえんほうしゃ」「みがわり」
「エアスラッシュ」「りゅうのはどう」

A控え
カメックス@カゴのみ
ずぶとい H252 B=D調整
「カウンター」「ミラーコート」
「ねむる」「なみのり」


B場:ハッサム@メタルコート
いじっぱり H252 A252 S6
「バレットパンチ」「つるぎのまい」
「むしくい」「ばかぢから」

B控え
ゲンガー@きあいのタスキ
おくびょう H6 C252 S252
「10まんボルト」「みちづれ」
「きあいだま」「さいみんじゅつ」


という状況だったとします。


このとき、ある1手でどちらかが圧倒的有利に立つのですが、
それを考えてみてください。

なお、お互いに控えのポケモンは分かっている状態とし、
全てのポケモンのHPは100%であるとします。


この問題は、過去の私の対戦から選びました。

技、努力値振りが甘いのは気にしないでください。

答えは以下から
・答え

Bがハッサムをゲンガーに交換

【解説】

では、考えられるAの選択をみてみましょう。

(Ⅰ)Aリザードン:「かえんほうしゃ」を使う
ゲンガーへ75%のダメージ【残り:25%】

次のターン、10まんボルトはカメックスに有効なためAは交代できない。
Bゲンガー:「10まんボルト」
Aリザードンへ85%のダメージ【残り:15%】

Aリザードン:「かえんほうしゃ」
ゲンガー瀕死

B:ハッサムへ交代

Bハッサム:「バレットパンチ」
リザードン瀕死

A:カメックスへ交代

ここは微妙な局面ですが、

Bハッサムが「つるぎのまい」を選択することで、
Bの勝利は確定されます。


(Ⅱ)Aリザードン「みがわり」を使う

ゲンガーが無償降臨

3ターンの間、相手は、「10まんボルト」を使い、
こちらは「みがわり」を使い、ヤタピ発動まで持ち込む。

4ターン目に
Bゲンガー:「10まんボルト」
Aリザードンの「みがわり」が壊れる

Aリザードンの「かえんほうしゃ」
Bゲンガーはきあいのタスキで耐える

あとは(1)の場合と同様にして、
Bの勝利が確定します


(Ⅲ)A:リザードンをカメックスへ交代


A:リザードン交代→カメックス
B:ハッサム交代→ゲンガー


ここではまだ勝敗は決定していませんが、
Bが圧倒的に有利です。

【1】B:ゲンガー交代→ハッサム
という行動をした場合、
A:「ミラーコート」or「なみのり」となるので、
どちらも有効打とはなりません。

【2】Bゲンガー:「10まんボルト」
A:「ミラーコート」or「なみのり」
で、どちらにしろ、きあいのタスキで耐えられてしまい、
次の攻撃で落ちてしまいます。


どちらにしろ苦しい戦いとなり、
Aが勝つのは困難となります。






では、こうなった理由は何か。

それは、Bプレイヤーが、
的確な判断を下せたから。

Bプレイヤーの状況は、
ゲンガー:一貫性のある電気技持ち
ハッサム:カメックスに役割を持っている

Aプレイヤーの状況は、
リザードン:ハッサムに役割を持っている
カメックス:ゲンガーにダメージを与えられる


ということになっています。

Bプレイヤーはそれを把握して、
Aプレイヤーの手持ちで邪魔なポケモンを削り、
勝利を確定させたといえます。

これを、間接役割破壊というのかは分かりませんが、
このような概念を抑えることは、立ち回りをする際に、
非常に参考になるので覚えておくといいでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミナ:)

Author:ミナ:)
ポケモン大好きです!
とくに6on6の対戦大好きです。

それと、机上論大好きです。
実際は強くないんですが。。。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。